キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ゼネコンの年収 : 建設求人について知る
建設求人について知るmainimage

ゼネコンの年収

やはり求人をみる上で気になるのが収入ですね。

ゼネコンの求人はというとピンきりですが、一般的には他の業界よりかなり高いとされてます。

特に、大手ゼネコンの年収は本当に高く、びっくりするぐらいです。

数字にして900万円半ばほどだそうです。

そんな年収の高いゼネコンですが、建設業はそれほどまでに高自給なのです。

なぜこのような高額になるのでしょうか。

その理由の一つに、公共事業による多大な公的資金投入があげられます。

これは一般のゼネコンでしたら大きな要因であると考えられます。

ですが、大手のトヨタや日産よりはるかに年収が高いですが、必ずしもゼネコンの方が職業的に得とは言えません。

それはそんなに高額な年収は大手のスーパーゼネコンだけだからです。

一般的にゼネコン社員、特に現場監督は残業時間がとんでもなく長いのです。

例えば、夜10時まで仕事をし、土日も出勤といったのは普通だからです。

小さい企業ですと、3ヶ月間休みなしで働いたりすることもあるそうです。

もちろん、大手ゼネコンの中には平均年齢が45歳だったりすることもあります。

ほとんどの社員が高齢だと、平均年収も自然と高くなりますよね。

他にも、ゼネコンの中心人物である現場監督は転職も難しいとされています。

汚い誇りが常に舞い、喫煙者も多く、不健康で過酷な環境で働く人が多く、ゼネコンの社員は高年収でないと割りに合わないのです。

それぐらいもらわないと誰もやりたくないのです。

皆さんも建設の内部についてのリサーチを頑張ってみてください。

Copyright www.thegreenwater.com.All Rights Reserved.

当サイト(建設求人について知る)の記事・画像などの無断転用を禁止します。